RSS

家具のクッション材


▼ [ ボンネルコイル ]


  鼓型のコイルスプリングを鋼線でつなげ合わせたもの。

  マットレスやソファに使用する場合、フェルトやウレタン等で
  スプリングを覆っている。
  
  人間が座ったり寝たりした時には連結されたコイルが同調して
  沈み込み、体重を面でささえる状態になる。

  コイルの数、径によりクッション性が変わってくる。

  ソファでコイルスプリングが使われているタイプは比較的
  高級なものが多い。


▼ [ ポケットコイル]



  ボンネルコイルをそれぞれ不織布で包んで隣り合わせた
  コイルが同調せず、独立して沈み込むように作られた
  スプリングコイルの一種。

  体重を面ではなく、点で支える為、体のラインに反って
  沈み込むので座った時、寝たときに姿勢が崩れず、
  理想的な座り心地、寝心地が得られる。

  このマットレスを使い二人で隣り合わせて寝る場合、
  一人が寝返りを打っても振動が隣に伝わりにくい
  のも長所。

  コイル数も通常のボンネルコイルの2倍以上多い。
  

▼ [ S字スプリング ]


  何本ものS型のワイヤーを張ったスプリングで、隣り合う
  S型ワイヤーを フックで 連結させて固定している。

  ソファでは比較的に安価なソファで使用される。

  耐久性、快適性はコイルスプリングに比べると劣る。

 




▼ [ ウェービングテープ ]


  ウェービングテープとは、糸をまいた細いゴムを編んだもので、
  耐久性は比較的強く、使用中切れるような事は無い。

  ソファの座面や背もたれのクッション材として使用される。

  ゴムの弾力で衝撃を吸収する。スプリングにくらべると、
  弾力性や耐久性、快適性は劣る。

  座り心地は柔らかくトランポリンのような感じ。

  スプリングとウェービングテープを併用したソファもある。



▼ [ ウレタンフォーム ]


  ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状のもので
  食器洗い用のスポンジたわしもウレタンフォームでできている。

  家具ではチェアやソファ、マットレスなどのクッション材として
  使用される。

  気泡の大きさ、密度によって硬さが変わり、ソファなどでは色んな
  硬さのウレタンを何層にも重ねて使われる事もある。

  
  



 ▼ [ チップウレタン ]


  チップウレタンとは、通常のウレタンを粉砕し. て圧縮加工
  したもので、通常のウレタンより硬く、弾力と耐久性にすぐれている。

  ソファなどでは通常のウレタンとチップウレタンを何層か
  重ねて互いの欠点を補い、長所を生かす形でクッション材として
  使用されることが多い。 

▼ [ 低反発ウレタン ]


  荷重が加わるとゆっくりと沈み、やがて静かに
  復元していく特殊なウレタン。

  医療介護用品としても利用される。

  マットレスや枕のクッション材として使用する事で
  このスローリカバリー効果により、 人への負担を軽減し
  体重と重力のバランスをとり理想的な姿勢を保つ。


  ソファのクッション材として利用されることも多いが
  座った時、ヒップの形状のままゆっくりと沈み込む。

  ただ、低反発ウレタンの層が薄かったり、密度が
  あまり無かったりする粗悪品だと大した効果は無く
  かえって底着き感があり、かえって不快である事も
  あるので要注意。



▼ [ 高反発ウレタン ]


 高密度のウレタンで反発力が高い。低反発ウレタンが沈み込み
 過ぎるのに対し沈み込んだ後一定のところでストップし、元に
 戻ろうとする力が強い。マットレスなどに使用した場合沈みこみ
 すぎずないので、腰などの負担が軽減できる。


 また、低反発ウレタンに比べて通気性にも優れている。

 
温度によって硬質変化が生じにくく、暑くても寒くてもその硬さは
 ほぼ一定を保つ。

  

ご利用案内へ戻る