RSS

家具の構造材

▼ [ フラッシュ構造合板 ]

  天然木、又は MDF パーティクルボードの枠に合板、
  MDFなどの板を上下から張り合せた中空のボード。
  
  反りや歪みなどが生じにくく、家具を 軽量化する事が
  でき、家具の天板、側板、棚板などに よく使われる。

  工場ラインでの多量生産に向いている為、比較的に
  安価に生産ができる。

  組立家具はほとんどがこの構造になっている。

  表面材にはプリント化粧シートや突板が使用される。

  中空の構造であるため、上から掛かる重量には弱い。

▼ [ フラッシュ構造合板 (ハニカムコア) ]


  基本的にはフラッシュ構造合板 と同じだが、弱点である
  上から掛かる重量、力に対するの弱さを補う為に、

  蜂の巣状のハニカム構造の厚紙、樹脂を中空部分
  に詰めてある。

  荷重に対する強度はかなり上がり、荷重に対する強さと
  軽量化の両立ができ、テレビ台の天板によく使用される。

  表面材には、やはりフラッシュ構造合板と同様に
  プリント化粧シートや突板が使用される。

   

▼ [ MDF (中質繊維板)]
  木片を細かく繊維状に砕いて接着剤を混ぜ、
  高圧力を掛けて固めたボード

  パーティクルボードより表面が緻密で滑らかで
  強度的にも勝っている。

  天然木にくらべ反り、狂いが少なく、表面の
  均一性が高く、加工し易くしかも安価で硬さが
  ある。

  加工の自由度が高い為、家具によく使われる
  材質で、表面には塗装が施されたり、突板や
  プリント化粧シートを貼ったりして化粧処理する。

▼ [ パーティクルボード ]
  木片を細かく砕いて接着剤で押し固めたボード

   MDFよりも目が粗く、 側面から見ると
  まるで“雷おこし”のような質感。

  天然木にくらべ反り、狂いが少なく、表面の
  均一性が高く、加工し易くしかも安価で硬さが
  ある。テーブルの天板やフラッシュ構造の
  枠(心材)に使われたりする。

  通常、表面にはプリント化粧シートや突板などを
  貼って化粧処理し、縁部分にはポリエステル樹脂
  などの縁張り材を張って処理する事が多い。

  同じ質量の天然木、MDFよりも重量が重い。

▼ [ 天然木集成材 ]

  乾燥させた十センチ前後幅の天然木の無垢材の板を
  接着剤にて継ぎ合わせて一枚の板に仕上げた材質。

  接合部分は殆ど目立たないが、木目のパターンの
  変化で継ぎ目があることが判断できる。

  中には接合部が不自然にならないように木目の
  パターンを自然な感じに仕上げているものもある。

  木目の向きを互い違いにつなぎ合わせる事で反りが
  発生しにくく均一性のある板に仕上がるメリットがある。

  無垢材よりも端材として処分される部分が少ない為
  自然環境保護の面では無垢材より良いとも言える。

  又、無駄になる部分が少ない分、無垢材よりは
  安価な事は大きなメリット。

  よほどの国産高級家具であるか、小さな部品で無い限り
  天然木製として販売されている家具の材質には集成材
  が使われている事がほとんどです。
  

▼ [天然木無垢材 ]

  天然木の一枚板から必要サイズに切り出された材質。

  集成材のように継ぎ目が無いので見た目も美しく、
  高級感家具に使用される。

  切り出された木材に含まれる水分を十分に自然、又は
  人工的に乾燥させる必要があり、家具の材料として手間、
  長い時間が必要になるため、高価になりがち。乾燥が
  不十分だと反りやすいリスクがある。

  又、綺麗な部分、反りの無い部分しか木材として使えず、
  端材として処分されてしまう部分が多く、その面でも集成材より
  価格的に高くなってしまう。

  最近では家具の小売店で集成材も無垢材として販売
  しているところがありますので、ホンモノの無垢にこだわる方は
  店舗によく
確認されることをお奨めします。

  (当店では無垢材と集成材を区別して表示しております。)

▼ [ プライウッド(積層合板) ]
  薄い天然木の板を何枚も重ねて接着剤で張り合わせた材質。

  張り合わせる板同士の木目の方向を順に90度換えて重ねる
  事で反りや狂いを殆ど抑える事ができ、均一性の高い材質である。

  ホームセンターなどで売っているベニヤ板もこの構造ですが

  表面の板に木目が綺麗なランクの高い天然木の板を
  使用して側面の部分を磨いて処理したものが
  比較的高価な家具にもよく使われている

  断面の張り合わせた木の層がたいへん美しく
  家具のデザインのポイントとして利用される事も多い

  熱を加えて型に押し当て曲面加工を施すことができ
  デザイン的にも自由度が高い

  人気のある北欧家具や、デザイナーチェアにもこの
  材質を使ったものがよく見受けられる

ご利用案内へ戻る

家具の表面材

▼ [ プリント化粧シート]
 

  紙の上に色んな色や、木目を印刷した化粧シート
  表面にはコーティングが施されているために紙と言えども
  結構強い。

  ただ、塗装や樹脂製の表面材に比べると強度がかなり
  落ちるのは否めず、セロハンテープなどを長い時間貼ると
  剥がれてしまうので注意が必要。

  安価な家具や組立家具の表面材として、
  又、少し高めの家具でも側板や、裏板には
  プリント化粧紙を使用してコストダウンを
  はかっているものも沢山ある。

  ネットショップでは天然木製としてうたっているが
  前面だけが天然木で側面、天板がプリントである
  事も多いので天然素材にこだわる方はよく確認を
  した方が良い。

  最近のプリント化粧紙は結構リアルで、プロが見ても
  ぱっと見たところ天然木の質感とほとんど変わらない
  ようなものもある。  

▼ [ EBコートシート]
 

  電子線硬化樹脂をプリント化粧紙の表面にコーティング、
  したもので分子配列・分子結合が極めて強固。

  耐久性、耐磨耗性、耐水性、耐擦傷性、耐汚染性に優れ、
  色褪せがおこりにくという優れた特性を持つ化粧シート。

  油汚れも乾拭きで簡単に落ちる為、食器棚、レンジ台
  などのキッチン収納家具の素材としてよく使われている。

  只、表面の強度は強く摩擦による小さな傷は付きにくいが
  素材が薄い為にとがったもので引っかいたりすれば傷が
  付き、下の生地が露出してしまうので注意を要する。

▼ [ 強化プリント化粧シート]
 

  特殊な盛り上げ印刷方法で見る角度によって微妙に変化する
  色・柄など、天然木に近い質感を持つ木目調のパターンを実現
  した、化粧紙の一種。

  天然木の導管も立体的にリアルに表現されている。

  プロの目でも天然木と 区別が付きにくいほど。


  耐久性、耐磨耗性、耐水性、耐擦傷性、耐汚染性に優れ、
  色褪せがおこりにくという優れた特性を持つ化粧シート。
  
  只、表面の強度は強く摩擦による小さな傷は付きにくいが
  素材が薄い為にとがったもので引っかいたりすれば傷が
  付き、下の生地が露出してしまうので注意を要する。

  デルナチュレという商標のシートが最近よく使われている。

▼ [ ポリエステル化粧シート]
 

  絵柄を印刷したチタン紙にポリエステル樹脂を塗布成型、
  又は、高温、高圧プレスで作成したシート。

  鏡面のツヤを出したタイプや、木の風合いをリアルに表現する
  エンボス(凹凸)加工を施したタイプもある

  
耐久性、耐水性、耐熱性、耐薬品性、耐汚染性に
  極めて優れた特性がある。

▼ [ オレフィンシート]
 

  燃やしてもダイオキシンなどの有害物質が発生しない、
  環境に配慮したエチレン系炭化水素の重合体
  (ポリオレフィン)を使用した化粧シートの総称。


  材質としてポリプロピレンやポリエチレンが代表的。

  ピアノ塗装のようにツヤが美しい光沢のシートや
  木目の質感をリアルに再現したシートなど色んな
  タイプのシートがある。

  耐久性、耐水性、耐熱性、耐薬品性、耐汚染性に
  極めて優れた特性がある。

▼ [ メラミン化粧シート]

 

  ポリエステル化粧板の一種で プリントされた化粧版と厚みを
  持たせるためのボール紙のようなコアと貼り合わせたものに
  フェノール樹脂を含浸させ、熱圧着し、 板状にしたもの。

  表面は光沢を持ち耐水性、耐候性、耐磨耗性、耐薬品性
  に極めて優れている。


▼ [ ダップ樹脂化粧板]

  「ダップ」とは、「ジアリルフタレート」の略でメラミン樹脂と似た
  樹脂材料。印刷紙(チタン紙)をこの樹脂に浸け、鏡面板をあて、
  熱圧加熱し硬めて板状にしたもの。

  表面は光沢を持ち、耐水性、耐候性、耐磨耗性、耐薬品性に
  極めて優れている。

 ▼ [塩ビシート ]
   ポリ塩化ビニールシートの表面に化粧プリント印刷したもの

  耐久性、耐水性、耐熱性、耐汚染性に 極めて優れた
  特性がある。

  耐久性の良さからデスクやテーブルの天板によく使われて
  いたが、燃やすと有害物質が発生する為、エコロジーの
  面から、家具にあまり使用されないようになってきている。
▼ [ 突き板
 

  木材をダイコンのカツラ剥きのように薄くスライスしたもので、
  MDFフラッシュ構造合板の 表面材として使われる。

  縁部分にも突き板がキレイに貼ってあれば見た目は完全に天然木!

  天板に無垢材集成材を使用するとかなりの重量になって
  しまうが、突き板をフラッシュ構造合板に貼り付けることで
  天然木の風合いの良さと、軽量化の両立ができるため、
  高級家具にもよく使われている。

  最近人気の北欧家具にもフラッシュ構造合板に突き板を
  貼った仕様のものが多く見られる。

  最近は種類によっては木材が貴重になってきているので
  自然環境保護の面でも現在の社会情勢にあった材質と
  いえるように思える。

ご利用案内へ戻る

家具の塗装

▼ [ ラッカー塗装 ]
 

  セルロイドの原料であるニトロセルローズを主成分とした
  塗料を使用。

  塗膜が薄い為木の質感を生かした仕上げにするのに適している。

  速乾性に優れている。
  塗膜の硬度、耐摩耗性は適度にあるが、他の塗装よりは劣る。
  
  耐候性、耐水性、耐熱性には劣り、熱いナベや水がついた食器
  などを長い時間乗せると白く変色する事があるので、使用上
  注意を要する。


▼ [ アミノアルキド塗装 ]
 
  アミノ樹脂とアルキド樹脂を混合した塗料を使用。

  塗膜の硬度、耐熱性、耐水性、耐摩耗性、 耐油性が
  適度にあるが、ラッカー塗装を除く、他の塗装に比べて劣る。

  耐水性、耐熱性の面ではラッカー塗装より優れているが
  耐候性の面ではラッカー塗装より劣る。

  溶剤に有機溶剤、ホルマリンを使用するので乾燥が
  不十分だと健康に良くない。
▼ [ ポリウレタン塗装 ]
 


  
ポリイソシアネートとポリエステルとの付加反応を応用した
  塗料を使用。

  塗膜が非常に硬い。

  光沢があるグロス仕上げに向く。

  耐熱性、耐水性、耐摩耗性、 耐油性、耐候性、密着性に
  非常に優れている。

▼ [ UV塗装 ]
 


  紫外線硬化樹脂塗料を使用。

  紫外線を照射することで硬化し、極めて硬い塗膜が得られる。

  耐熱性、耐水性、耐摩耗性、 耐油性、耐候性、密着性に
  極めて優れている。

  有害物質が一切発生せず、健康にも環境にも
  たいへん良い塗装。


▼ [ ポリエステル樹脂塗装 ]
 


  ポリエステル樹脂を主成分とした塗料を使用。

  厚塗りができ、光沢があるグロス仕上げに向く。

  耐熱性、耐水性、耐摩耗性、 耐油性、耐候性にたいへん
  優れている。
 
  付着性や衝撃性は 若干弱く、強い衝撃を与えると
  割れる事がある。

  ピアノなどにも使われる。

▼ [ エナメル塗装 ]
 

  不透明顔料着色剤を使用した塗装。

  下地を完全に隠す塗装で、MDFなどに
  カラー塗装を施す時使われる事が多い。

  塗装を厚塗りして磨き加工をする事で
  美しい光沢仕上げにすることもできる。

  耐熱性、耐水性、耐摩耗性、 耐油性、
  耐候性、密着性に大変優れている。

 ▼ [オイルステイン塗装 ]
 

  油性の染料をボイル油、乾性油に溶かした半透明の塗料。

  木材保護と紫外線保護効果を発揮する。

  木材に浸透し塗膜を形成しないので木の風合い、木目を
  際立たせる仕上げに適する。

  若干の耐水性はあるが、塗膜を形成しない為、耐摩耗性、
  耐熱性などの降下は得られない。

  定期的にオイルを塗るなど、メンテナンスする必要がある。


▼ [ 焼付粉体塗装 ]
 


  有機溶剤や水などの溶媒を用いず、粉末状(固体)の
  塗料を空気中に飛散させし、付着させ熱で溶融させる塗装

  塗装膜厚が厚く塗膜が頑丈なため、耐摩耗性、
  耐久性、耐候性に優れている。

  家具ではロートアイアンなどの金属部分に使われる。


ご利用案内へ戻る

家具のクッション材


▼ [ ボンネルコイル ]


  鼓型のコイルスプリングを鋼線でつなげ合わせたもの。

  マットレスやソファに使用する場合、フェルトやウレタン等で
  スプリングを覆っている。
  
  人間が座ったり寝たりした時には連結されたコイルが同調して
  沈み込み、体重を面でささえる状態になる。

  コイルの数、径によりクッション性が変わってくる。

  ソファでコイルスプリングが使われているタイプは比較的
  高級なものが多い。


▼ [ ポケットコイル]



  ボンネルコイルをそれぞれ不織布で包んで隣り合わせた
  コイルが同調せず、独立して沈み込むように作られた
  スプリングコイルの一種。

  体重を面ではなく、点で支える為、体のラインに反って
  沈み込むので座った時、寝たときに姿勢が崩れず、
  理想的な座り心地、寝心地が得られる。

  このマットレスを使い二人で隣り合わせて寝る場合、
  一人が寝返りを打っても振動が隣に伝わりにくい
  のも長所。

  コイル数も通常のボンネルコイルの2倍以上多い。
  

▼ [ S字スプリング ]


  何本ものS型のワイヤーを張ったスプリングで、隣り合う
  S型ワイヤーを フックで 連結させて固定している。

  ソファでは比較的に安価なソファで使用される。

  耐久性、快適性はコイルスプリングに比べると劣る。

 




▼ [ ウェービングテープ ]


  ウェービングテープとは、糸をまいた細いゴムを編んだもので、
  耐久性は比較的強く、使用中切れるような事は無い。

  ソファの座面や背もたれのクッション材として使用される。

  ゴムの弾力で衝撃を吸収する。スプリングにくらべると、
  弾力性や耐久性、快適性は劣る。

  座り心地は柔らかくトランポリンのような感じ。

  スプリングとウェービングテープを併用したソファもある。



▼ [ ウレタンフォーム ]


  ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状のもので
  食器洗い用のスポンジたわしもウレタンフォームでできている。

  家具ではチェアやソファ、マットレスなどのクッション材として
  使用される。

  気泡の大きさ、密度によって硬さが変わり、ソファなどでは色んな
  硬さのウレタンを何層にも重ねて使われる事もある。

  
  



 ▼ [ チップウレタン ]


  チップウレタンとは、通常のウレタンを粉砕し. て圧縮加工
  したもので、通常のウレタンより硬く、弾力と耐久性にすぐれている。

  ソファなどでは通常のウレタンとチップウレタンを何層か
  重ねて互いの欠点を補い、長所を生かす形でクッション材として
  使用されることが多い。 

▼ [ 低反発ウレタン ]


  荷重が加わるとゆっくりと沈み、やがて静かに
  復元していく特殊なウレタン。

  医療介護用品としても利用される。

  マットレスや枕のクッション材として使用する事で
  このスローリカバリー効果により、 人への負担を軽減し
  体重と重力のバランスをとり理想的な姿勢を保つ。


  ソファのクッション材として利用されることも多いが
  座った時、ヒップの形状のままゆっくりと沈み込む。

  ただ、低反発ウレタンの層が薄かったり、密度が
  あまり無かったりする粗悪品だと大した効果は無く
  かえって底着き感があり、かえって不快である事も
  あるので要注意。



▼ [ 高反発ウレタン ]


 高密度のウレタンで反発力が高い。低反発ウレタンが沈み込み
 過ぎるのに対し沈み込んだ後一定のところでストップし、元に
 戻ろうとする力が強い。マットレスなどに使用した場合沈みこみ
 すぎずないので、腰などの負担が軽減できる。


 また、低反発ウレタンに比べて通気性にも優れている。

 
温度によって硬質変化が生じにくく、暑くても寒くてもその硬さは
 ほぼ一定を保つ。

  

ご利用案内へ戻る